2004年(平成16年)03月26日午前11時30分頃、東京都港区六本木の大型複合施設「六本木ヒルズ」内の森タワー二階正面入口で、その事故は発生しました。
大阪から、母親と観光に訪れていた6歳男児が三和タジマ製の大型自動回転ドアに挟まれて死亡した事故です。父親が大阪から東京に単身赴任中だったため、春休みを利用しての上京中の事故でした。男児は母親より先に森タワーに入ろうと小走りで正面入口の三和タジマ製の大型自動回転ドアに入りかけ、回転するドアとドア枠に頭部を挟まれました。
回転ドアの重量が重く、停止動作開始後に停止するまでに時間がかかること、および男児がセンサの死角に入り緊急停止が働かなかったことが主な原因です。

後からきた母親と近くにいた人たちが、ドアを逆回転させて助け出したが、すでに男児の意識はなかったと言います。その後すぐに病院に搬送されましたが、約2時間後に死亡しました。

事故当時は、男児の反対側のスペースに人がいたため、ドアは3.2回転/分、周速にすると約80cm/秒の速度で回転していました。この回転速度はより多くの人の出入りを可能にするための処置で、本回転ドアの最高速度だったのです。また、天井のセンサは、同様の理由で感知距離を1.6mからさらに40cm短くしていました。

事故後、刑事訴訟で森ビル側の管理過失および三和タジマの製品製作上の過失が認定された事故です。
加えて、ご存知の方は多いでしょうが、この事故を境に、日本中から大型回転ドアは無くなりました。

この事故は、様々な検証が行われました。
先ず、回転ドアは、ヨーロッパで高級ホテルなどに使用されているもので、オランダのブーンイダム社から購入したものでした。しかし、オリジナル製品は重量約1トンだったにも拘わらず、森タワーに据え付けられていたドアは、およそ3倍の2.7トンの重量でした。しかも、その危険性に誰も気がついていなかったのです。
さらに、ドア天井のセンサーの感知距離の設定が地上から約120cmになっていました。これに対し、男児の身長が117cmであり死角になっていたのです。またドア枠には地上15cmの位置に真横に赤外線センサも設置されていたが、頭から男児が駆け込んだため、足を感知しなかったと推定されています。
まだあります、危険をセンサで感知して緊急停止させる「制御安全」に頼る設計となっていました。しかし、事故当時回転速度が最速に設定されていたため、実際にはセンサで緊急停止がかかっても、慣性力で完全に停止するまでには25cmも動くようになっていました。

これでもかと言うくらい悪い条件が重なっています。よくこれで、それでま事故が発生しなかったと思いきや、死亡には至らない事故は何度も発生していました。
森タワーが2003年4月25日にオープンしてからこの事故までの1年弱の間に、大型回転ドア12件、小型回転ドア10件の事故が発生していたのです(たった1年間です)。しかも大型回転ドアの事故12件中7件はいずれも8歳以下の子供が体を挟まれたもので今回と類似の事故でした。それだけ発生していても、駆け込みを防止するための簡易ポールを立てるなどの簡便な対応で終わっていました。