前回、気持ちを新たに決意表明しました。
私のライフワークとして、独立したいエンジニアのお手伝いを続けます。

私は、独立に際して、最初に行うことは売るための商品開発だと思っています。
これを軽視するのは絶対に間違いです。
皆さん、エンジニアなら分かるはずです。

会社にいた時は、企画を作って、商品を開発したはずです。
自分で開業してビジネスを展開する時も全く同じです。

何を売って、商売をしますか?

もし、コンサルタントを目指すなら、商品は本人自身です。
と言って、人身売買ではないのです、奴隷になるのではありません。

売るべきは、あなたの能力です。
では、そのあなたの能力は見えるようになっていますか?

「なんでもできます、なんでも相談して下さい」
「問題点を解決します、問題点は何ですか?」

時々、こんなことを言う方がいます。

もし本当なら、神様です。

そうでないないなら、新興宗教の教祖様です。

「あなたの過去を見てやろう、何でも私に相談しなさい」と言った、教祖様は、死刑の判決を受けました。
空中に浮くことができるらしいですから、絞首刑はできないでしょうか?

まあ、話を戻します。

技術士としてプロフェッショナルエンジニアとして、営業活動するのであれば、絶対に、コンサルティングブック、あるいはコンサルティングメニューを作らなければなりません。そして、そのために必要なのが、自分の棚卸です。
あなたの強みを見つけるのです。

何は無くても、とにかく自分の強いところを探して下さい。
好きなものや、興味のあるところではダメです。

競争社会で勝てません。

あなたの能力や価値観が発揮できて、なおかつ人より勝っているものです。
自分の中にあるはずですが、なかなか見つからないものです。

最初は、これを探します。
そして、それが見つかったら、その強みを基に、コンサルティングブックを開発します。まさに、開発です。そして、創り上げたら、売るのです。自分で売ります。そのためには、SNSや、Webサイトや、ブログも必要です。

しかも徹底的にやらなければなりません。

サイトの記事は、1年目に関する限り、基本は毎日更新です。
これは、多くの人ができません。
時々、書くことがありませんという方がいます。

主張することがないなら、商売はできないでしょう。

変な話ですが、ブログでもサイトでも毎日続けていると、続けられるものです。
続けているから、続けられるというのは、日本語として変ですが、それ以外に言いようがありません。

必死に続けて下さい。
苦しさは、日毎になくなっていきます。

一月すれば、実感できると思います。