3月5日には、技術士の独立開業セミナーを開催しました。
定員6名のところ、受講者様は、4名で1名キャンセルでした。
次回は、4月9日です。

ですから、今回はセミナー室で3名の方に聴いて頂きました。

セミナーには様々な状態の方がいらっしゃいます。
すでに、あるていど始めているかた。

まだ、何も考えていないが、取りあえず、話を聴いてみたいと考えているかた。

もちろん、会社員の状態から完全に独立開業する状態まで、二つに一つの状態ではありません。
その間に、無限のバリエーションがあります。

決意やモチベーションの状態もまさに、様々です。
私は、一日も早くと思っていましたから、技術士試験も同時に二つ(機械・総監)受けました。
今から、思えば、決して資格でどうにかなると言うものではないのですが、自分の決意・モチベーションを維持するには効果があります。

やはり、素手で戦うより武器があった方が心強いです。
自分を支える何か、それが資格です。

資格で仕事が来るわけではありません。

試験に受かって、将来は独立をと考えている方は、ぜひともセミナーにご参加ください。
技術士に特化した、独立・開業の講座は、おそらく私以外に開催していないと思います。

領収書の整理や、青色申告の話はしません。
そんなことは後回しです。

独立してやっていくためには、先ず、売上と利益が先です。
収入がないのに、税金の心配をしてどうなりますか?
そんな心配をするのは、お客様から問い合わせが増えて、毎日のように振り込みがあるようになってからでよいのです。

先ず、売り物を作りこんで下さい。

会社にいた時は、企画・開発が大事だと知っていたはずです。
独立してもそれは変わりません。
先ず、何を元に収入を得るのか、何を売るのかそこを考えて下さい。

もう一つ、何でも売ります、何でも相談して下さい。
これは、絶対に不可です。
一人でやっていくには、専門家にならなければダメです。
百貨店状態を目指して良いのは、法人で多人数で活動できる時だけです。

そこを勘違いすると、どんなに一生懸命活動して、売り込んでもお客さんは来てくれません。

忘れないで下さい。