第42回・土曜日のエンジニア:3月14日新潟の商工会議所のお招きで講演を行います

皆さんおはようございます。

スマートIT・生産性向上コンサルタント

技術士の匠習作です。

このサイトでは、月曜朝のスマート起業と土曜日のエンジニアと言う二つのブログを毎週更新しています。

個人事業主で自分の夢を実現したいと考えている方、ITツールを使いこなして業務の生産性を向上させたいと考えているかた、ぜひ週に2回お付き合い下さい。毎回1,200文字程度のブログです、3分あれば読み終わります。

『人工知能が製造業に与える衝撃』(仮題)
こんな演目で90分のお話です。
最初、セミナーと聞いていたので、20人ぐらいの前で話すのだろうと思っていました。
90分なら、2つぐらいワークを用意して、3つぐらいに話を分ければ伝わりやすいだろうとも、考えました。
しかし、詳細を聞いてみると、場所は新潟グランドホテル、定員は100名と聞いてびっくりです。
製造業の関係者と言っても、人工知能に詳しい人なんて先ず、いません。
これは、田舎だとか、中小企業相手だからとか、そんなことではありません。

実際に、「人工知能」「AI」と言う言葉は、新聞やテレビで頻繁に発せられています。
聞かない、見ない日は少ないくらいです。
しかし、新聞記者をやっている人に訊いても、理解している人はほとんどいません。
これが、一般の人ならなおさらです。
ですから、90分の話の中で、これだけは理解して帰って欲しいという核心部分にフォーカスした話を作らなければなりません。
新潟の商工会議所の皆さん、「安心して下さい」。
理解させます、それが私の仕事です。

全体の流れは、3つの話に分けます。
1)人工知能の概要:要するに人工知能とは何か
2)人工知能で製造業はどのように変わっていくのか
3)変化に対して、製造業に携わる人間はどうすればよいのか

この3点です。
私は、学者ではなくエンジニアです。

技術屋ですから、明るい未来を信じて何とかしようと考えます。
だから、「安心して下さい」。
急な話でしたが、準備は整っています。
これまで、数回ですが、5時間程度の研修ではお話した内容です。
それを90分に纏めます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

何か一つでもお役に立つ情報が提供できれば望外の喜びです。

また、来週お目に掛かりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です