土曜日のエンジニア第59回:起業するとは、己が走ることです

皆さんおはようございます。

スマートIT・生産性向上コンサルタント

技術士の匠習作です。

このサイトでは、月曜朝のスマート起業と土曜日のエンジニアと言う二つのブログを毎週更新しています。

個人事業主で自分の夢を実現したいと考えている方、ITツールを使いこなして業務の生産性を向上させたいと考えているかた、ぜひ週に2回お付き合い下さい。毎回1,200文字程度のブログです、3分あれば読み終わります。

気が付いたらこのコラムも59回目になっていました。
1年は過ぎています。
途中、サイトの引っ越しで数回休んでいます。早いものですね。

本の売れ行きは好調だそうです。自分では分かりませんが、先日アマゾンで入荷待ちになっているのを見ました。私は本を購入するとき、リアルの書店で購入します。ネットで買うときもありますがあまり購入しません。

やはり中身を確認して購入したいのです。
まあ、アナログ的です。

「起業」という言葉に関して少し書いてみたいと思います。

「起業家」とは、新しく事業を起こす人です。
新しく事業を起こしてその事業を運営し利益を出せる軌道に乗せます。
軌道に乗って動き出したら、他の人に任せても良いのです。

ですから「起業家」とは新しく事業を起こすことを専門に行う人に対していうことが多いのです。

そのため、企業家と起業家は似ているようですが実は違います。
企業家は企業を新たに起こした人であり、その企業を存続・成長させることに注力します。まさに文字通り屋根の下に止まる人です。

起業家は己が走るという字に分解できます。
これも文字通りです、、起業家は事業(仕事)そのものを新たに起こし起こしてしまえばある程度興味を失うのです。

英語ではこの二つは同じことばです。

起業家・企業家はアントレプレナー(英語: entrepreneur)です。

中小企業庁が行った調査によれば、ベンチャーキャピタリスト等のベンチャー企業を支援する専門家が、創業者に必要な資質として多く回答したのは、

環境変化に適応する柔軟性(48%)
決断力・積極性(36%)

この二つの資質でした。

皆さんは、お持ちですか?

ちなみに

「企業家精神がある。」を英訳すると「Have a spirit of enterprise.」

となります。まあ、中学生でも分かる英語ですが覚えておくと便利です。

今、世界で独立して個人で働いている人は4億人ぐらいいるそうです。
アフリカの統計などどうなっているのか全く分かりませんが、WHOのデータですから間違いとも言えません。しかし、中小企業庁のデータによれば、日本では毎年個人事業主は減っています。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/kenkyukai/jigyousyoukei/2014/140424siryou2.pdf

どうして、こんな素晴らしい働き方を皆さんしないのでしょう。
独立して本当に気が付きました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

何か一つでもお役に立つ情報が提供できれば望外の喜びです。

また、来週お目に掛かりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です