土曜日のエンジニア第85回:ブレイクスルーは作れるか?

皆さんおはようございます。

スマートIT・生産性向上コンサルタント

技術士の匠習作です。

このサイトでは、月曜朝のスマート起業と土曜日のエンジニアと言う二つのブログを毎週更新しています。

個人事業主で自分の夢を実現したいと考えている方、ITツールを使いこなして業務の生産性を向上させたいと考えているかた、ぜひ週に2回お付き合い下さい。毎回1,200文字程度のブログです、3分あれば読み終わります。

ブレークスルー思考は教育できるのか

イノベーションを行うためにはブレイクスルー(現状打破)が必要です。

では、これまでの枠に入らない考え方やアイディアの生み出し方はあるのでしょうか?

これはビジネススクールなどでもよく議論されます。

型破りな思考を型にはまった教育で作り出せるのか?一見難しいような気もします。

あなたならどう考えますか?

これはあまり支持者のいない考え方ですが私は徹底的な型にはまった教育が独創性を生み出すと思っています。

そもそも、逆に独創性を生み出す教育なんてありますか?

これは「TED」でも話題になったのですが、現在の学校教育は子どもの独創性をゆがめていると言うものです。

でも、ニュートンだってアインシュタインだって、エジソンだって型にはまった教育をたっぷり受けていたはずです。

強力に押しつけられるからその反発が生まれる

私は、強力に押しつけられ、権威によって強制されるからこそその反発で素晴しい独創性が生まれると信じています。ですから、知識の詰め込み教育にも賛成です。そもそも、子どもの頃が最も効率的に物事や言語を習得できます。これはどんなに頭の良い人でも同じです。

その一生に一回しかない時期に覚えられることは何でも覚えてしまった方が後で楽になります。本当の意味でゆとり教育です。

手を添えて持ち上げて引っ張ってやらなければならない独創性など本当の独創性ではないと思います。本当に独創的なアイディアを生み出せる人は、むしろ強力な型に嵌められた力に反抗して考え抜くのだと思います。

ローマ教皇の力が絶大で、教会の権威が強かったか西欧に近代科学が生まれたのはそのためだと思います。天動説が強力だったから地動説を唱える人たちの情熱も燃え上がったのです。

ブルーノは火炙りになっても地動説を支持した

もちろん、誰だって命は惜しいですからコペルニクスは死ぬまで天動説を公開しませんでした、本になったのは死後です(ごく親しい仲間内では天動説を表した冊子を見せていましたが)。ジョルダーノ・ブルーノは天動説を否定しコペルニクスの地動説を支持して、火炙りの刑に処せられました。ガリレオが裁判で自説を撤回したのはブルーノが死刑になったからだと言われています。

そのガリレオだって幽閉されました。

カトリック教会が教えた常識的な世界観からブレイクスルーが生じたのは日本や当時の明朝ではなく西欧諸国だったことを我々はもっと考えないといけないと思っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

何か一つでもお役に立つ情報が提供できれば望外の喜びです。

また、来週お目に掛かりましょう。

“土曜日のエンジニア第85回:ブレイクスルーは作れるか?” への 2 件のフィードバック

  1. 毎回興味深いコラムを楽しみにしています。
    私も独創性と型の関係については同じ様に考えています。フレームワークなども正に型ですし、自由と責任や権利と義務なども同様で、対になる片方を良く知る事で他方についてもより深く理解できるものだと思っています。経験的に。
    ただ、最近は世の中のスピードが物凄い速さなので、型をじっくり学ぶ事が中々難しく、いかに速く効率的に型を身に付けられるかが重要になっていると感じています。そして、これを克服するための強力なメソッドが、ITとPDCAのフル活用だと。

  2. 池田様、いつもありがとうございます。
    現在、2つのブログと2つのメルマガをどう書き分けるか思案中です。
    同じことにならないように注意します。

    対立する概念はどこに軸を作るかで面白い考えが浮かびます。
    また、事実の見え方も変わります。
    私は総監の5つの視点もときどき使います。
    ときどき実務では使えないと言う方がいますが、それは何度も言うようにフレームワークの使い方に慣れていないだけだと思っています。

    池田さん、若しよろしければ今度、投稿しませんか?
    1,500文字程度なら1回で載せます。3,000文字あれば2回分です。
    今、公募も考えているのですが、1,000円の図書カードでは誰も書きませんかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です