技術士のための失敗しない:匠起業塾

副業から始めて安全な独立をスタートさせる!

メニュー

マズローの5段階欲求説-1

49 views
約 1 分
マズローの5段階欲求説-1

有名な5段階欲求の図

 

 

とっても有名な図なのでご存知の方は多いでしょう。総監の試験でも出ています。人的資源管理の範囲です、覚えていますか?

これは、この上に6段階目があることでも有名です。6番目はご存知ですか?

晩年に提唱したのですが、自己実現の欲求のさらに高次に「自己超越の欲求」があると唱えています。ここまで来ると少し宗教色が強いです。

ちなみにマズローさんはこんな方です。

アブラハム・ハロルド・マズロー(1908年4月1日 – 1970年6月8日)。アメリカ合衆国の心理学者。

5段階欲求説とは 

人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。

これは、マズローの欲求段階、自己実現理論とも称されています。

ピラミッド状の階層を成し、マズローが提唱した人間の基本的欲求を、高次の欲求(上)から並べています。一見しただけで理解できる図ですから広く認知されました。

たしかに「なるほど」と思わせるところもあります。

図だけで分ると思いますが、上から順に説明すると。

  • 自己実現の欲求 (Self-actualization) :自己の潜在能力や創造性の発揮に対する欲求
  • 承認(尊重)の欲求 (Esteem):他者から尊敬や賞賛をされたいとする欲求
  • 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging):集団や家族への帰属を求める欲求
  • 安全の欲求 (Safety needs):危険や脅威から保護されたいとする欲求
  • 生理的欲求 (Physiological needs) :動物的生存の保障に対する欲求

と定義されています。

また、上になるほどその欲求のある人が少なくなるとも言われ、三角形の形をしているのはそのためです。自己実現まで行う人は1%以下と言う話です。

そもそも、生理的欲求や安全欲求は誰でもあるし、意思の力を必要としません。むしろ食欲のように意思の力であるていど抑制しないといけない要求もあります。

しかし自己実現欲求なんて、無くても生きていけるしそんな要求があると苦労するだけとも言えます。

 

中小企業庁のデータ

 

事実、会社勤めの人にアンケートを採ると70%近くの人が独立して自分の好きな仕事をしたいと言いますが、実際に独立する人はほとんどいません。特にこの十年間程度は開業する人より廃業する人の方が多いのです。

自己実現が大変なことだというのは直ぐに分ります。

詳しいデータを見た人は、以下の中小企業庁が公開している統計情報や白書をご覧下さい。

特に、小規模企業白書に詳しく載っています。

 

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/index.html

 

次回から数回に分けて、マズローがどうしてこの説を主張するようになったのか、また、この5段階欲求説は本当に正しいモノなのか。検証を兼ねてご説明したいとおもいます。

About The Author

s.takumi
皆さんこんにちは。
匠習作です、このサイトは技術士を取得して独立・開業したいという人のために実践的で役に立つ情報を発信するために作りました。
姉妹サイトである『技術士Lock-On:二次試験対策講座』ともともよろしくお願いします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly