技術士のための失敗しない:匠起業塾

副業から始めて安全な独立をスタートさせる!

メニュー

あなたが起業するまえにこれだけは準備しよう

41 views
約 1 分
あなたが起業するまえにこれだけは準備しよう

行動計画を考える『こまめに、そして丁寧に』

起業する際、とりあえず行き当たりばったりというのが一番失敗します。
また、起業後の計画を立てるということに関して、かなり長いスパンの計画を立ててしまったり、遠い目標だけを掲げて始めるのは間違いの元です。
起業は、かなりセンシティブな側面を持ったもので、勢いではどうにもなりません。
行動計画はこまめに、そして丁寧に立てましょう。

最初の一年は1か月刻み

スケジュール

まず、行動計画を立てる際におぼえておくことは中目標と小目標をしっかりと区別するということです。
ちなみに大目標は、あなたが起業するにあたって描いた将来の夢のような、いわゆる企業のモチベーションとなるもので、それはほとんど計画とは言いません。
というわけでまずは中目標、いわゆるマイルストーンです。
もちろん、ある程度運営が軌道に乗れば、中目標の設定は半期に一度や年度に一度でもいいと思います。
しかし、起業してすぐの頃というのは、様々な雑事も多くまた初めて行き当たるような出来事も存在するので、できるだけ短めに中目標を立てておきましょう。
出来れば1か月に一つマイルストーンを設定するくらいが適当です。
どうして、計画に拘るのか?
人は弱いので、心が折れてしまうからです。
これは、正直なところですが、今の日本で起業するなら心が折れず続けて行けば必ず成功します。
大企業を作るというなら別ですが、自分と家族を養うぐらいは難しいことではないのです。

行動プランは1週間ごとに

週間スケジュール

中目標であるマイルストーンは1か月ごとでかまいませんが、小目標はそうはいきません。
そうつまり、マイルストーンに至るために行う行動計画というのは、もっと短いスパンでこまめに丁寧に立てておく必要があるのです。
特に起業してすぐのころは、かなり煩雑な仕事を多くこなさなければいけません。
しかも、その煩雑な仕事の一つ一つが、うっかり忘れてしまうと、後々大変なことになってしまうような物がたくさん存在します。
そう言ったことのないように、しっかりと毎週行動計画を立てるくらいの繊細さが必要になります。
起業してすぐの荒波はどんぶり勘定で越えられるようなものではないのです。

無理なスタートダッシュはいらない

スタートダッシュ

起業に無理なスタートダッシュは必要ありません。
肝心なのは、続けることです。それができれば成功します。
才能も運も必要ないのです。
必要なのは、慎重かつ繊細にそして丁寧にゆっくりと漕ぎ出す船出です。
計画は綿密に、そしてしっかりとたてておきましょう。
計画通りに行かないことをクヨクヨしないで下さい。
計画通りに行かないことが普通です。

About The Author

s.takumi
皆さんこんにちは。
匠習作です、このサイトは技術士を取得して独立・開業したいという人のために実践的で役に立つ情報を発信するために作りました。
姉妹サイトである『技術士Lock-On:二次試験対策講座』ともともよろしくお願いします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly